読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 久留米ゆめタウン店 シマブロ

島村楽器 久留米ゆめタウン店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【トライ&グルーヴ Vol.1】遂に来たっ!ベース三重士ブログ始まります!

どうも皆さんこんにちは!
ベース三重士の一人 TAKA森山です!
今年11月に開催された「ベースコレクション2016」で活動(?)を開始し始めた三重士なわけですけど
遂に、この度ブログデビューする事になりましたー!
f:id:shima_c_kurume:20161216174533p:plain

という事で、第一回目は私TAKA森山がお届けいたします。(写真の一番左のが私です)

トライ&グルーヴという名前の意味ですが
●TRI(トライ):3、3倍の、3重の意味 ●TRY(トライ):やってみる、する、ためすの意味

●GROOVE(グルーヴ):ノリや高揚感を指す言葉ではあるが、具体的な定義は決まっていない。
を掛け合わせて、「3人でとにかく九州の低音界を盛り上げてみる」という意味が込められています。
当ブログでは新商品レビューやおすすめ機材(書籍)の紹介、ベースにまつわる話を掲載していきます。

トライ&グルーヴ・・・略してトライアングル」をこれからどうぞよろしくお願いいたします!


さて、第一回のお題はこちら!
Darkglass Electronics / Microtubes 900 ヘッドアンプ
f:id:shima_c_kurume:20161216214426j:plain

入荷間もなくのアイテムの紹介です!⇒Microtubes 900 - LEP INTERNATIONAL

ダークグラスといえば、全てハンドメイドで製作されている質の高さと、ベーシストにこそ分かる「かゆい所に手が届く」メーカーといった印象です。
詳しくはこちら⇒Darkglass Electronics - LEP INTERNATIONAL

ちなみに、私TAKA森山もDarkglass B7K Ultraを愛用しています。
f:id:shima_c_kurume:20161216214550j:plain
ほんとにね、これ一台あればもう恐いものなしというか、安心感が違うんですよ。
ただ、今からご紹介するMicrotubes900は、はっきり言ってすごいんです。
何がすごいって?

レスポンスの早さと適度な音の太さとミドルの存在感
他との共存も出来るが、その気になれば破壊も出来る歪みチャンネル
圧倒的なパワー

簡単に言うとこんな感じです。(独断と偏見によるものなので、あくまで参考までに…


さぁて、試奏開始♪

f:id:shima_c_kurume:20161216214315j:plain
まずですね…
クリーンの音がとにかく「ズンッ!」って胸に突き刺さってくるんです。
アンペグのSVTやギャリエンみたいに下っ腹に響いてくる感覚が好きな方には「?」と思われるかもですが・・・
バスドラムを邪魔しないようなローがズドンッってくる感じで、
ローもミドルも自然と抜けてくる感じです。
B7K Ultraとはパワー感が違うんです。
弾いてて気持ちいい☆

f:id:shima_c_kurume:20161216214323j:plain
そして、Low Mid、High Midの帯域が切り替えられるんです!
LowMidは250Hz、500Hz、1KHzからHighMidは750Hz、1.5kHz、3kHzから選択可能で音作りの幅がとにかく広いです。
ちなみに、B7K UltraのLowの帯域は100Hzで設定されているようですが、このヘッドアンプは80Hzが出るようです。
Trebleは5KHzでどちらも同じようです。
ううむ・・・・微妙に変わっていますね。
ミドルをもっといじりたい方は別途イコライザーがあると便利です。


f:id:shima_c_kurume:20161216214328j:plain
そしてそしてこのアンプのウリであるMicrotubesエンジンによる過激な歪み!やばいくらいかっこいい!
原音潰れないから弾いてて気持ちいいっ!!
VNTとB3Kモードが選べるのですが、B3Kのモダンディストーション感が大好きです。

ちなみに、この歪みチャンネルは同梱のフットスイッチで切り替え可能です。
ただ、クリーン⇔歪みの切り替えしか出来ないので
歪みのVNTとB3Kを切り替えたい時はアンプをポチッと押してあげれば問題ないです。
ぶっちゃけますと、1曲の中ではまずこのスイッチ押さないんじゃないかなと思います。
曲と曲の間のMC中等に押すとかなら平気ですねっ☆
コンセプトがはっきりしているバンドならどちらか固定なんではないかとも思います。


繋ぐキャビネットへの配慮もされていて、オーム数を変えて出力の変更が出来るようになっています。
但し書きもされていて、「・Microtubes 900は、一時的に900Wを超えるパワーを出力する場合があります。接続するキャビネットが900W(または500W/8Ω)までにしか対応していない場合、スピーカーを守るために2Ωモードで駆動して下さい。」
流石 Darkglass 破壊の申し子(ぇ

これまでパワー感と破壊的ディストーションの事を話してきましたが、もちろんやさしい音も作れます。が、多分この子の得意技は
ダークネスパワーというべきか・・・圧倒的なベースサウンドを求めているなら絶対ハマります。

嗚呼・・・欲しい・・・TAKAのMy機材になる日も近い?!

さてさて、今回はDarkglass Electronics / Microtubes 900 をご紹介して参りました!
久留米店にてDarkglass Electronics展開しておりますので、気になられた方は
是非久留米店へお越しくださいませっ!
その際は、森山を呼んで頂ければアテンドさせて頂きます☆


今後ともベース三重士ブログ「トライアングル」をよろしくお願いいたします!!

それではまたお会いいたしましょう♪
f:id:shima_c_kurume:20161216214411j:plain

久留米店 三重士 TAKA森山でした☆

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.